千里の道も一歩から

千里の道も一歩から

「千里の道も一歩から」ってどういう意味なのでしょうか?
太子様~!太子様ぁ~!

布都ちゃん

太子

そんなに急いでどうしたのですか?布都
太子様に言われて始めた日記が続かないのじゃ・・

布都ちゃん

太子

あらら~それは辛いねぇ・・
何か良いコツでもあるのでしょうか・・?

布都ちゃん

太子

役に立つか分からないけど、布都、こんな考え方をしてはいないかい?
日記にありがち
面白い出来事がないとダメ。いっぱい書かないとダメ。
太子様、我、何も言ってないのによく分かりましたね。

布都ちゃん

太子

あー、やっぱりか、そうなんじゃないかなぁ?なんて思ってたんだよ。

太子

でもさ、布都、せっかく始めた日記を書くのが嫌になるのは辛くないかい?
はい。何かに追われるような気持ちになっていました。

布都ちゃん

太子

こうしなきゃ!って気持ちが強くなるとつい、そういう感じになってしまうんだ。

太子

そうならないために、これからこうしていくといいかもよ?
ポイント
一行でいいから続けてみる。ちょっとでいいからやってみる。
ほう。これなら我にも続けられそうです。でも太子様、これって日記って言うんですか?

布都ちゃん

太子

何言ってるの、布都。立派な日記だよ。布都はね、日記はこうしないとダメ!ってのを考え過ぎだと思うよ。
た、確かに。何行以上とか何文字以上とかいっぱい考えてたのかもしれません。

布都ちゃん

太子

大事なのは書くことじゃなくて、続けることだよ。布都、覚えておいてね。
はいなのじゃ!太子様!

布都ちゃん

今から、今日太子様とお話しました!って日記書きます!

布都ちゃん

太子

あはは、早速実践するなんて、流石!頑張り屋さんの布都だね

太子

こういった考え方は色んなものに使えるんだ。だから皆も気にしてみてね。
まとめ
続けるコツは毎日できる量を決めてやってみよう。毎日たくさんやろうとすると一杯一杯になってしまうよ。これならできる!を毎日積み重ねて行きましょう。「千里の道も一歩から千里の道も一歩から」とは、大きなことを成そうと思ったら、まず手近なところから少しずつ積み重ねていけば成功するという考え方のこと。