わたしはわたし、きみはきみだ

わたしはわたし、きみはきみだ

おやおや、正邪が何か言われているようです。

針妙丸

仕事しなさい!!
嫌だ!なにがなんでも嫌だ!!

正邪

針妙丸

分かったわ。じゃあ出て行ってもらって構わないわよ(真顔)
え、なんでそんなガチな顔してるんですか、姫・・。

正邪

針妙丸

そのままでいるなら、もう正邪の居場所なんて無いわ。
そ、そんな殺生なああ!!

正邪

正邪は結局アルバイトをすることになりました。
なんで私がアルバイトなんてしないといけないんだ・・。

正邪

ファーストフードなんて忙しくてやってられるか!!

正邪

ああ、時間が経つのが遅いなあ。ゲームしてる時なんて気付いたら夕方なのに、まだ始まって10分しか経ってないよ・・。

正邪

あ!そうだ!時計とタイムカードいじっちゃえば働いたことになるんじゃね!?

正邪

正邪は耐えきれず、バイト先から逃げてしまいました。
あー、一息一息~。やっぱり誰もいねぇ公園は落ち着くなぁ・・。

正邪

きまった制服を着ないとダメなんてアホくせーし、やってられるかってんだ!

正邪

針妙丸

オイ、何やってんだ正邪。
ひィ!!姫!?

正邪

針妙丸

今、アルバイト先から連絡が来た。鬼人正邪さんが逃走しましたってね。
い、嫌だなぁ、休憩時間ですよ、休憩時間・・。

正邪

針妙丸

アルバイト始まって10分で休憩入るわけがねえだろぉ!

針妙丸

あのさ正邪、君はあと何回お尋ねモノになれば気が済むんだい?
姫、私は生きてる内はずっとアマノジャクですから。

正邪

針妙丸

よし、じゃあ今から楽にしてやる。アマノジャク卒業式をやろうな。
ホントごめんなさいごめんなさいごめんなさい!!

正邪

それからそれから・・・

針妙丸

うーん、これじゃあ話にならん!おい正邪、

君は何だったらできるんだい?

うーん、そうですねぇ・・。

正邪

自転車のサドルと抜いたり、クツの裏にガム付けたり、バナナの皮を置いたりって感じですね。

正邪

針妙丸

うんうん、なるほど。君がいかにヤバい奴かってことだけは分かった。
理解してもらえて何よりです。

正邪

針妙丸

いや、理解するわけがないだろう・・。

針妙丸

となるとだ、君が出来るのは本当に限られたものしかない。
そうですね。最近気づいたんですが、

私にフツーの仕事は無理ですね・・。

正邪

針妙丸

それもっと前に気付けよ!特に私と出会う前くらいに気付けっての!

針妙丸

どうしようもない君にピッタリの仕事かぁ・・。
やっぱり姫、私は誰にも迷惑かけないでそっと引きこもってるのが一番だと思います。

正邪

針妙丸

それじゃ、今までと変わらないだろ!
変わらない良さがあるって言うじゃないですか・・。

正邪

針妙丸

無形文化遺産みたいなこと言い出すな!

針妙丸

真面目な話をするとさ、君の良さってなんだと思う?
わ、私の良さですか・・?

正邪

急に意外なことを聞かれたので、正邪は黙ってしまいました。
何と言うか、そんなこと考えたことが無かったですよ。

正邪

針妙丸

そうだと思った。楽しよう楽しよーって生きて来たんでしょ?
え、なんで知ってるんですか、姫。

正邪

針妙丸

いちいち聞かなくてもそれくらい分かるわ。

正邪とずーっと一緒だものね・・。

わ、私はいつまで姫にいじられ続けるんだろう・・。

正邪

針妙丸

まぁ、話を戻すけどさ、正邪の良さってのは、

善悪とかいう意味ではなくて。

針妙丸

強みとか、得意なことという意味で考えてもらいたいんだ。
それって存在自体が悪って言ってるようなものじゃありません?

正邪

針妙丸

せっかくスルーしてあげたのに、自分からツッコむなんて・・。
正邪が考えた「良さ」をまとめてみました。

針妙丸

じゃあ、まとめた内容を言っていくぞ。

針妙丸

しつこい・いたずら好き・走るのが速い(逃げる)・悪口が好き・遊びが好き・お金は返さない

針妙丸

以上が鬼人正邪君の「良さ」である・・・ってんなわけあるかああ!!
これらが生かせる職場待ってまーす!

正邪

針妙丸

正邪は我慢することも覚えないとだねこりゃ・・。
まとめ?
自分の「良さ」が生かせそうな仕事は多分楽しいはず。

諦めず色々探してみましょう。私も探しています。