たのしいたのしいさんすうの話

たのしいたのしいさんすうの話

どうやらまた布都ちゃんはお勉強をさせられているようです。
なんで我だけいつもこうなのじゃ・・。

布都ちゃん

青娥

こらー、文句言わないの!お勉強できるだけでありがたいって思わないとダメよ!
後になってから、そのありがたみに気付くのさ。何事もそうなんだよなぁ・・これが。

芳香

芳香殿が何を言ってるのか我にはさっぱりですぞ!

布都ちゃん

青娥

おしゃべりはそれくらいにして、今日のお勉強始めるわよ!
うわー!始まってしまう!!やだー!!

布都ちゃん

逃げても無駄だぞ。青娥はどこまでも追っかけるよ。

芳香

はい、観念しました。

布都ちゃん

それからそれから・・・

青娥

じゃあね、布都ちゃんにはケーキ屋さんになってもらいます。
おお!我の夢の職業ではないですか!!

布都ちゃん

青娥

ケーキじゃないのよ?ケーキ屋さんだからね?(大事なことなので確認)
ケーキ屋は結構大変な職業なんだけどな・・。

芳香

んで青娥殿、ケーキ屋さんになった我は何をするのじゃ?

布都ちゃん

青娥

ケーキ屋じゃなくて、ケーキ屋の店員さんだわ。ケーキ屋さんだと建物よね・・。
もうやめてくれ。ケーキって単語がゲシュタルト崩壊したわ・・。

芳香

それからそれから・・・

青娥

布都ちゃんにはさんすうの問題を解いてもらうわ!よーく考えて答えてね。
我、さんすうは苦手なのじゃ・・。

布都ちゃん

問題
布都ちゃんのお店では一日にケーキが20個売られます。では40個ケーキを作ったら何日で売り切れるでしょうか?
さあさあ、解けるかな?

芳香

青娥

よーく考えるのよ!
わ、我には無理なのじゃ・・。

布都ちゃん

青娥、布都はギブアップみたいだよ。

芳香

青娥

布都ちゃん、本当に分からないの?
そうなのじゃ。我、数字に弱いのじゃ・・。

布都ちゃん

青娥

ふーん、じゃあそれが答えってわけね。

青娥

布都ちゃんやるじゃない!正解よ!
え・・・!?

布都ちゃん

青娥の言葉を聞いて布都ちゃんはキョトンとしてしまったようです。
青娥殿、それどういう意味なのですか・・?

布都ちゃん

青娥

「分からない」って答えることがこの問題の答えなの。

青娥

今日20個売れたからって、明日は20個売れると思う?
た、確かに、売れないかもしれないですよね。

布都ちゃん

青娥

うん、そうなの。売れない可能性もあるし、思った以上に売れる可能性もある。
それが社会のフツーって奴だよ。数字だけじゃ答えは出ない。

芳香

青娥

そういうこと。数は一つの目安でしかない。実際は何が起こるか分からないの。
なるほど。思った以上に我は数字のことを考えていたと思います。

布都ちゃん

青娥

それがイイとか悪いって話ではないの。

青娥

でも思った以上に数字に振り回されることが多いから、気を付けましょうねって話よ。
青娥殿、分かりましたのじゃ!

布都ちゃん

その上でお二方に聞きたいのですが、我がケーキ屋になれる可能性は何%ですか?

布都ちゃん

青娥

・・・・・
・・・・・

芳香

お二方とも酷いのじゃあああ!!太子様に言いつけてやるーー!!

布都ちゃん

まとめ?
100%はありえないので、数字は目安程度に頼るのが吉。